私はニューヨークに長年住んでいたのですが、一人暮らしをしていて、ルームメイトがいなかったので、具合が悪くなったら、救急車を呼ぶしかなかったのです。911に電話をして、救急車を手配すると、救急隊員の人が2人でやってきて、いろいろな質問をしてかなり大変でした。
アメリカは救急車は有料ですが、保険に入っていたので、無料で利用することができました。
近くの総合病院に搬送されて、そこで診察を受けたのですが、病院内がすごく寒くて、ますます具合が悪くなりました。日本の病院ではそんなに冷房が効いていることがないので、アメリカ独特のものなのだと思います。そんな寒い中、キンキンに冷えた点滴を打たれるので、体の中から冷えてますます寒くなって、すごくつらかったです。
救急車の困ったところは、行きは救急車で病院まで連れて行ってくれるのですが、帰りは自力で帰らなければならないので、一人暮らしの私はとても不自由な思いをしました。